FC2ブログ

☆∞ 錦えび ∞☆ nishikiebi

生体はZEUSShrimp(ゼウスシュリンプ)・ZEUS shrimp・ZEUSシュリンプ を扱っておりLOWグレードからHIGHグレードまで幅広く販売しております。レガリアシュリンプ、REGALIAShrimp、も取り扱いを致しております。                               nishikiebi3@yahoo.co.jp             

☆∞ 日本丸の羅針盤 ∞☆

こんにちわ!

上久保教授の YouTube見ましたか!
見た方は カナリ現在の日本においての感染症対策の考え方 受け止め方が変わったと思います。

私もウイルス学 免疫学 まったくのド素人で知識はまったくありませんが、
野生の感で 感覚的に大まかにあってんのか あってないのかぐらいは 一応大人なので感じ取れる事は出来ます。

この日本が 大きな船だとして 国民全体を今の方向のまま進んで行っても到着する場所が本当にあるのか?
感染症対策 経済対策 全てにおいて いまのままで日本丸の方向はあっているのか!

上久保教授の唱える 集団免疫説がこの日本丸の行く末を大きく動かす もう一つの道になるのではないでしょうか!
今の政策では 根拠や データー 目指す方向 どこまで頑張れば安心できる 到達点 
人々が目指すゴールが無い様に感じているのは 私だけでしょうか!!

私は1ヵ月チョイ前に上久保教授を知り 色々上久保教授が色んな所で発言した物を検索し大体は見てみました
最初の頃は 反対意見の方がカナリ多くSNSなどではカナリ批判の対象でした

松田学さんのYouTubeチャンネルで 視聴回数が35万を超えたぐらいから カナリ肯定的な見解に世論が変わってきたように
思います。

その後色んな所に出演し 一部のテレビ 新聞でも少しだけ取り上げられ 上久保説がカナリ浸透して来たな!
そんな気がします。

しかし まだまだ全体でこの情報を知っている国民はどのくらいいるのでしょうか???

せめて 1000万人ぐらいに知れ渡らないと 政府やマスコミは動かないのではないでしょうか?????非常に残念ですが
既得権益 コロナビジネス 色んな圧力があると思います。

しかし、上久保説は世界の医者や学者も間違いなく興味を持つと思います。
色んな所で議論され 検証され 正しい方向性を示すのは 学者 政治家の義務だと思いますので
是非あらゆる所で検証して頂きたいと思います!

そして、この日本丸のゴールは何処なのか!!
感染症のゴールとしては (抗体保有率)!!! これしかない様に思うし一番の早道ではないかと思います。
松田学チャンネルを見た方はお気づきだとは思いますが
通常はB細胞免疫を抗体キッドで一般的には検査するそうです
しかしこれでは全くの無意味だとおっしゃっておられます。

T細胞抗体キット こちらの方で国民全検査する事!!! これにより国民がどの程度抗体を持っているのか検査し
仮に抗体保有率が65%以上達成されているのであれば 通常は収束宣言なのではないかと思います。
上久保教授は95%は達成されているとおっしゃっておられるので 早期に実施して頂きたいです。

テレビの情報だけで判断するのではなく 今こそ(個)の考える力が必要だとも思います。

a1_2020081812595136c.jpg

あんちゃん! 少しはちゃんとした えびも創れよ!!って聞こえて来そうですが・・・ そこそこやってます!!!爆

a2_2020081812595230f.jpg

わたしは ある意味 新しい日本式感染症対策になる様に感じております!
世界から見た日本は今どうみられているのか 考えると 最初はカナリ上手くやってたよね
しかし今は 頭おかしいんじゃないの?? 一番やってはならん事あの日本はやっちまたなー

正しい 精確な羅針盤を据えて 日本丸の方向を正す時だと思います!!!

上久保靖彦 日本が誇るべき人間です。。。私はそう思います。。。
スポンサーサイト



  1. 2020/08/18(火) 14:06:58|
  2. えび

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

錦えび nishikiebi

Author:錦えび nishikiebi
☆∞ 錦えび ∞☆

■ Eメールアドレス ■
nishikiebi3@yahoo.co.jp

ご質問等ございましたらいつでもお気軽にご連絡下さい。

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

translate this blog into